Guitarのひとりごと

guitapple.exblog.jp
ブログトップ
2019年 02月 14日

お昼ごはんにラーメン@門前仲町 支那そば しんば 2019.2.14

バレンタイン・デーとは全く関係なく、今日は午後からお休み。
用事に行く前にお昼ごはんを、ということで門仲でラーメンを食べる!と決意。
駅からちょいと歩くんだけど、ネットで見て見つけた「支那そば しんば」と
お店に。
d0139913_21134823.jpg
白だしのもあるらしかったけど、醤油が基本!
券売機を見ながら、あれこれ入ってる特製支那そば(1,100円)に決定。
見た目は良い感じ。
d0139913_21135125.jpg
d0139913_21135494.jpg
スープの色は濃いめながら、ちょいと透明感もあって、魚介の出汁の主張もなかったんで、たぶん動物系と
魚介系のミックスなのかな?
ストレート麺は歯ごたえも適度でGood。
トッピングはチャーシューが3種(豚バラ、豚肩ロース、鶏)とワンタンが4個。
食べ始めて、だんだんに口当たりが軽くなるような感覚があったので、最後まですんなり。
チャーシューが3種なのは嬉しいけど、豚に比べて鶏が弱いのは致し方ないか...
ワンタンは2種×2個だったらしいけど、小籠包の中の肉のようで、味はお好み。
モノ自体は...88点くらい?(そんな感想、出したことないわ(^^;))

気になったポイントはこれから。
1)注文してから出てくるまで15分弱。
  ラーメン専門店で、満席じゃなかったのに、ちょっと時間がかかりすぎじゃないかと。
  トッピングが多かったのが原因?...なことはないよねぇ。
2)約1cm角のメンマって言うのは珍しいと思うけど、スープを飲んでからメンマをかじったら、中の方が
  温かくない。そこは是非とも考えて欲しいわ〜
3)ネギの上に乗ってた何か... もっとスープの風味が変わるのかと思ったけど、それほどの変化を感じなか
  ったのはバカ舌のせいかしらん?




# by apple_guitars | 2019-02-14 21:32 | ひとりごと | Comments(0)
2019年 02月 03日

ランチのみ!@銀座

お昼に歯医者に行ってから、ランチをするためだけにお出かけ。
そのほかの用事はなし!(^^;)

おなじみの銀座に出て、東急プラザへ。
ぷらぷらっと見て、ちょっと高いんじゃ...と言われつつ...
何をおっしゃいます? と入店(だから自分と一緒だと食事単価が高いって言われるんでしょうね〜)

「鉄板焼き専門店 銀座 鉄十」
d0139913_16193212.jpg
メニューは、
1)白身魚のカルパッチョ(生魚を食べないくせに"カルパッチョ"って言われると食べれる(^^;))
d0139913_16193611.jpg
2)たたき海老とエリンギのパートブリック包み焼き
d0139913_16193913.jpg

3)和牛カレーライス(ほかにお好み焼き、ご飯セット、和牛ガーリックライスから選択)
d0139913_16194798.jpg

4)国産黒毛和牛A4ランクサーロイン 70g
d0139913_16194377.jpg

5)抹茶のアイスとごまプリン
d0139913_16195195.jpg
メニューを見てたら、肉の部位と量の横に値段が書いてあるから「肉は別料金!?」と思ったけど、
ちゃんとみれば、その肉込みの全体の値段で(そりゃそうだ)

ご飯部分はお好み焼きかガーリックライスの方が好みだったけど、全体量が少ないから、
カレーが良いかな、と。(鉄板焼き屋さんでカレー?と思ったけど、鉄板の上で鍋を使ってましたよ。)
このカレーが、具としては肉しか見えないんだけど、後味の風味に「ぶどう...?」
自分の中での結論は「干しぶどう」ってことにしたけど、正解はなんなんでしょ?



# by apple_guitars | 2019-02-03 16:31 | ひとりごと | Comments(0)
2019年 01月 07日

Appleの家庭系パソコンリサイクルプログラムについて

続けての<備忘録>

ずっと使っていない「iMac」と「Mac mini」をAppleのリサイクルプログラムに出そうと
思っていたんですけど、PCリサイクルシールがどこにあるか分からなかったんで、長い間
そのまま放置。
なんのことはない、空箱の中に入っていたというオチが(^^;)

じゃ、中身を消すかと思って電源を入れたらiMacから煙が!!!
たぶん、中に入ってたホコリかなんかのせいじゃないかと思うけど、さすがに怖いんで
作業は中断。(Mac Miniの方は消してたみたい)

AppleのHPから申し込んだのが年末だったんで、受付完了のメールが届いたのが、1月7日(月)。
早速アップルリサイクルセンターに電話して、経緯を説明したら...
「そのまま粉砕をしてしまうので、気にされなくても大丈夫です。」
だそうで。
「万が一、搬送中や工場などの被災などがあった場合は、直接粉砕とはならないこともありますが、
これまでに、そのようなことはありません。もしご心配なら、データ消去を請け負っている業者に依頼
して、作業完了後、送っていただくのも良いと思います。」
...そのまま送ることにしました。

Appleがあてにならない時代も知ってはいますけど、そのまま送ることにします。
よろしくお願いしますよ〜、Appleさん!

<参考> 受付完了メールからの引用

≪「PCリサイクルマーク」無しの機器をお申込みいただいた場合≫
本日、リサイクル料金のお支払いのご案内及び払込取扱票を発送させていただきますので、
30日以内にリサイクル料金のお振込をお願いします。
(クレジットカードにより支払い済みの場合は該当しません)

ご入金から1週間程度(*)で「エコゆうパック伝票」と「パソコン排出手順書」がお手元に
届きますので、
「パソコン排出手順書」に従ってパソコンの梱包と引き渡しを行ってください。
なお、「エコゆうパック伝票」には有効期限がありますので早めにお引き渡しください。

≪「PCリサイクルマーク」付きの機器のみをお申込みいただいた場合≫
使用済みパソコンを輸送する専用の「エコゆうパック伝票」と「パソコン排出手順書」が
1週間程度でお手元に届きますので、「パソコン排出手順書」に従ってパソコンの梱包と
引き渡しを行ってください。
なお、「エコゆうパック伝票」には有効期限がありますので早めにお引き渡しください。





# by apple_guitars | 2019-01-07 16:56 | Mac | Comments(0)
2019年 01月 07日

Macの起動音を小さくする方法

<備忘録>

少々不具合のあったMac(Retina 5K, 27-inch, Late 2015)で久しぶりにPRAMのクリアを
したら、起動音がかなり大きくなってしまい...
前にどうやって小さくしたのか忘れちゃったんでネットで検索しても、全然記憶がよみがえら
ないし(-_-;;

とりあえず「ターミナル」や「非純正アプリ」を使わないで設定をする方法を見つけて、それが
自分の環境に合っていたので、後々のための記録として残しておきます。

・本体:iMac(Retina 5K, 27-inch, Late 2015)
・イヤホン端子に、常態的に外部スピーカー(有線)を繋いでいる

<手順>
・「システム環境設定」から「サウンド」→「出力」を選ぶ
・イヤフォン端子につなげているケーブルを外す(表示される名前が「内蔵スピーカー」に変わる)
d0139913_16302416.jpg
・主音量を、適当なレベルに下げる
・イヤフォン端子に、再度ケーブルを接続する(表示される名前が「ヘッドフォン」に変わる)
d0139913_16303091.jpg
・再起動してみる

結局は出力先が「内蔵スピーカー」になっておらず「ヘッドフォン」のままでは、いくら主音量を下げても
ダメなようです。
とりあえず、うちはコレで解決しました。



# by apple_guitars | 2019-01-07 16:40 | Mac | Comments(0)
2018年 12月 23日

森恵 ”CHRISTMAS STRINGS CONCERT_SINGING VOICE 2018”@恵比寿 The Garden Hall 2018.12.22

年1の教会でのライブ、じゃなくて、今年はクリスマスシーズンでの"Christmas String Concert"
d0139913_13390180.jpg
d0139913_13390661.jpg

教会が抑えられなかったとか?
12月の上旬には大貫妙子がやってたけど。

普通のホールなんで、教会みたいなリバーブ感はなくなったけど、かえって音はクリアかも。
ともあれ、この企画は歌を落ち着いて聴けるってのが主目的なんで、それさえ担保してくれればよし、と。

ここ最近の ”子音にFが入る" って歌唱は相変わらずそこそこあるし、今回は歌い回しが違うとこが気には
なったけど "世界" の出来はここ最近ではかなりのレベルでしたよ。
この曲では ”子音にF" を使わなかったから余計に、です。

にしても、まるで演歌歌手のような "人間コンプ(?)" (注:声量の差をマイクとの距離で微調整する。)
をやってたけど、それもハンドマイクじゃ必然。

<MEMBER>
森恵 : Vocal, A.Guitar
大坂孝之介 : A.Piano
吉田篤貴 : Violin (1)
沖増菜摘 : Violin (2)
中村詩織 : Viola
伊藤ハルトシ : Cello, A.Guitar

<SES LIST>
(第1部)
1. Overture〜それだけでいいんだ
2. Around
3. いつかのあなた、いつかの私
4. コタエアワセ
5. コルク
6. 恋ひとつ
7. プランクトン
8. Going there
9. それだけでいいんだ
(第2部)
10. そばに
11. 今も、やさしい雪
12. 月夜
13. 愛せない人
14. せんたくもの
15. 鮮やかな旅路
16. ユメオイビト
17. 冬の約束
- encore -
18. 愛のかたち
19. この街のどこか
20. 世界
21. 桜がさね(新曲)


# by apple_guitars | 2018-12-23 14:01 | ライブ | Comments(0)
2018年 11月 27日

BON JOVI "This House Is Not For Sale"@東京ドーム 2018.11.26

週初めの月曜から(また)ライブ。
5年ぶり(らしい)ボン・ジョビ。
d0139913_22121839.jpg
この間のポールさんは、上の方のスタンドだったけど、今回はアリーナのDブロック。
まぁ、遠いのには変わりないんで、ステージの雰囲気とあのボワボワした音を聴きながらスクリーン
を見る、と。
でも、最近のスクリーンは進んでるらしくて、ほとんど遅れはなし!昔は結構ずれてたけどねー
d0139913_22122764.jpg
今回はツアータイトルにもなってる”This House Is Not For Sale”を予習していかなかったのと
意外にメジャーなアルバムを持ってなかったりで、ポツポツと知らない曲が...
ま、そこは場の雰囲気で乗り切るんですけど。
d0139913_22123225.jpg
"R&R Hall of Fame"の映像とか見てたら、けっこう不安になってたんだけど、思ってたより
頑張ってたなー、と。
これくらいやってくれると、観に行ってもいいな〜、と思っちゃいますね。

ギターのフィルXさんも頑張ってるんだけど、やっぱりこのバンドにはジョン・ボン・ジョビと
リッチー・サンボラのコンビがいて欲しい...
エアロスミスのジョー・ペリーみたいにサラッと戻ってくる、みたいなのを待ってるんだけど。
(ジョー・ペリーは体調不良らしい)
フィルXさんも、ソロとかを元のバージョンに寄せてるのは不本意なんだろうけど、このバンド
に入った時点で腹をくくったんでしょうね。
d0139913_22123782.jpg
<MEMBER>
Jon Bon Jovi : Vocal, A.Guitar
David Bryan : Keyboards, Chorus
Tico Torres : Drums
Hugh McDonald : E.Bass, Chorus
Phil X : E.Guitar, A.Guitar, Chorus
- Support -  ← ちょっと自信がない...
John Shanks : E.Guitar
Everett Bradley : Percussion, Chorus

<SET LIST> (ほかのHPから引用(^^;))
1. This House Is Not for Sale
2. Raise Your Hands
3. You Give Love A Bad Name
4. Whole Lot of Leavin’
5. Lost Highway
6. Runaway
7. Roller Coaster
8. When We Were Us
9. Born to Be My Baby
10. It’s My Life
11. God Bless This Mess
12. We Don’t Run
13. Keep the Faith
14. Bed of Roses
15. Lay Your Hands on Me
16. Who Says You Can’t Go Home
17. I’ll Sleep When I’m Dead
18. Bad Medicine
- encore -
19. We Weren’t Born to Follow
20. Blood on Blood
21. I’ll Be There for You
22. Wanted Dead Or Alive
23. Livin’ On A Prayer


# by apple_guitars | 2018-11-27 22:41 | ライブ | Comments(0)
2018年 11月 23日

槌谷知佳"SINGER SONGER IN TOKYO"@門前仲町シンフォニーサロン 2018.11.22

毎月第4木曜日開催の"SINGER SONGER IN TOKYO"
2ヶ月続けての参加。

前回で様子は分かったとはいえ、やっぱり人のお宅のリビングでおねぇさんの
歌を聴いてる、ってシチュエーションですね。

今回も(若干のメンバーが違うとは言え)6名。
前回いた人の顔は何となく覚えてました(^^;)

前回は数えてもいなかったけど、アンコール入れての10曲。
ボリューム的にはもう2,3曲とも思ったけど、いいとこかね。

アーチストが狭い部屋に、普通にいるって不思議な空間です。
さて、12月はどうかな〜〜〜、27日とかだし(-_-;;

<MEMBER>
槌谷知佳:Vocal, A.Piano

<SET LIST>
1. そこにある未来
2. 内緒の秘め事
3. 12月の雨
4.. I LOVE YOU (Cover-尾崎豊)
5. Deaperrado(Inst.-Eagles)
6. good night miss
7. 涙と光と
8. ハナニナル
9. ひとりふたり~出航SASURAI~
- encore -
10. カナリア


# by apple_guitars | 2018-11-23 12:19 | ライブ | Comments(0)
2018年 11月 18日

Larry Carlton ~The 1978 album and Steely Dan~"@Billboard Live TOKYO 2018.11.17

1日明けてのラリー・カールトン@Billboard Live TOKYOでの第2弾。
さすがに希望者が多いのか、自由席はとれずにDuoシート。(追加料金が...)
d0139913_01503497.jpg
ま、1日目と見た目は全く変わらず(^_^;)

Steely DanのBlack Fridayから始まって約10曲。
ボーカリストがいない分、ギターかサックスがメロディを担う、と。
メンバーを見たときから分かってましたけどね。
今日行ったMさんは"PEG〜〜〜..."と言ってたけど、自分は他の曲も知ってたんでね、
意味の分からないブルースを除けば...

今日も上機嫌なラリーさん。
Rio Sambaでのリズムの取り方が気になったのと、こっちに側にトラブルが!?
まぁ、それは良いとして。

なかなかない今回の企画、良いんだけど2ndステージの時間帯がなかなかに厳しい
かも(-_-;;

<MEMBER>

Larry Carlton : E.Guitar

Travis Carlton : E.Bass

Ruslan Sirota : Keyboards

Paul Cerra : Sax

Andrew Lippman : Trombone

Gary Novak : Drums


<SET LIST>

The 1978 album and Steely Dan

1. Black Friday

2. Kidcharlemagne

3. Don’t Give It Up

4. Black Cow

5. (It Was) Only Yesterday

6. Josie

7. Rio Samba

8. (Blues)

9. Nite Crawler

- encore -

10. Rooms 335





# by apple_guitars | 2018-11-18 01:58 | ライブ | Comments(0)
2018年 11月 18日

Larry Carton "~The Crusaders remembered~"@Billboard Live TOKYO 201811.15


今回のラリー・カールトンのビルボードでのライブは、
1st Stage:The Crusaders remembered
2nd Stage:The 1978 album and Steely Dan
というのが最初っから案内されてたんで、こりゃ両方行くっきゃないっしょ!と
行きましたよ、両方とも。(さすがに別の日(^^;))
d0139913_01230376.jpg
d0139913_01233239.jpg

で、今日は第1弾の"The Crusaders remembered~"

毎度お馴染みの元G.H.店主のOさんと一緒に。(1ヶ月前のAllen Hinds以来)
Oさん的にはクルセイダーズがドンズバだったらしく。
自分も何曲かは分かるけど...半分くらい...

今回のラリーさんは上機嫌。プレイ自体はまぁまぁかとは思うけど久々に歪み
な音が多かったかな。
良いことです!年々歪まさなくなってたんで。

クルセイダーズはインストバンドだから、今回の構成でいいんですけど、2ndがどう
なるやら... 少なくとも専任のボーカルはいないし。(Saxの人は歌が上手いけど)

途中、トラヴィスが転がしモニターから自分の音を切れ!って指示してたのに、なかなか
出来てなく、声を出して威嚇、いや伝達してました、怖い声で(-_-;;
お父さんが"技術的な問題だよ"ってフォローしてました。

この流れですっかり忘れていたけど、アンコールはお馴染みの"335"
日本では1回もやらなかったことはない、ってインタビューで言ってるだからしょうが
ないっすね。

今日は、”本日のカクテル”、"野菜18種類の彩園サラダ 柚子ドレッシング"、"阿波尾鶏と
キノコの和風クリームソース パッパルデッレ"、BBL 四種ソーセージ(ハーブ、バジル、
チョリソー、粗挽き)
食い気優先で写真はカクテルとソーセージ(芋煮かちっちゃいイカ飯かと(^_^;))
d0139913_01233935.jpg


<MEMBER>

Larry Carlton : E.Guitar

Travis Carlton : E.Bass

Ruslan Sirota : Keyboards

Paul Cerra : Sax

Andrew Lippman : Trombone

Gary Novak : Drums


<SET LIST>
1. Spiral
2. My Mama Too Me So
3.
4. So Far Away
5.
6.
7.
8.
9. Keep That Same Old Feeling
10. (Blues)
- encore -
11. Room 335



# by apple_guitars | 2018-11-18 01:42 | ライブ | Comments(0)
2018年 11月 07日

槌谷知佳"SINGER SONGER IN TOKYO"@門前仲町シンフォニーサロン 2018.10.25

おっとっと、順番が逆になっちまった(^^;)
近場でやってるってんで、いつでもいけると思って油断してたら今回が
お初になっちゃいました。
d0139913_21404837.jpg
(行く前に小腹を埋めたモスのナゲットと物販で買ったCD込みね)

シンフォニーサロンて、1階から5階までいろんな大きさの部屋にそれぞれピアノが入ってて、
教室だったり、今回みたいなライブだったり、個人練習だったりできるみたいなとこらしい。
(5階のこの部屋はYAMAHA C-3でした。)
あんな場所にあるなんて、ってフツーは気がつかないね。

開場時間のちょっと前に着いてたけど、時間になったら...ご本人登場!
スタッフなしで、ほんとにひとりで切り盛りするライブみたいで。
いろんな意味で新鮮で衝撃的でしたよ。

でも、また行けるような気がするわ(*^_^*)

記念撮影。
ここまで盛っとけば、σ(^_^;)も含めて誰だかわからんだろ(^_-)
d0139913_21362171.jpg



# by apple_guitars | 2018-11-07 21:47 | ライブ | Comments(0)