Guitarのひとりごと

guitapple.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 21日

森恵 -MY COUNTRY ROAD CONCERT 2018-"FOLK ROCK LIVE"@EX THEATRE ROPPONGI

去年はあまりに調子が悪くって棄権しちゃったんで、今年こそ!のマイカン。
d0139913_21590259.jpg
最近はここか渋谷のプレジャープレジャーが定番になってきましたね。
といいながら、次はなぜか日本橋三井ホールですけどね。(2回くらい行ったことあるな)

今回は、お祭りなマイカンなんで立ってる時間が長かったねぇ。
1曲目からストラトでソロとってたし。ずいぶんとそれらしいソロを弾くようになりましたね。
(上から目線過ぎ?(^^;))
エレキはお馴染みのRoadWarnのストラトとCustomShop(?)のレリックされたTHINLINE。
アコギは、最近使い始めた00-18と000-18(他にあったかな?)
あの小柄さだから、00あたりがジャストサイズな感じですね。

4月に出る新譜からも何曲かやったけど、やっぱりオリジナルのレベルはあがってきてる気が
しますねぇ。
カバーもいいんですけどね。

バンド形態だし、曲数の制約もあるだろうけど「世界」を聴かなかったのは2回目だわ。
全体の構成からしたら、まぁそれも納得かな、と。

あ、そうそう。
今回はTp、Tb、SaxのBrassもいたけど、まだ活用できる曲が少ないから、ムリしなくても
いいかな。(明菜の"Tatoo"と違って、ちゃんと吹いてましたよ!)
それより、演奏陣がコーラスを頑張ってたのが印象的。

d0139913_21590245.jpg
※ 2018.3.2追記 「闘いの時」のとき、ボーカル取りながらのカッティングで、ワウを使って
         ましたね。
         これからもどんどんそっち方面に行っちゃうのかねぇ...

<SET LIST> ※ "FOREST"HPから
1. brand new day
2. 星に願いを
3. キミ
4. いつかのあなた、いつかの私(新曲)
5. Around(新曲)
6. 闘いの時
7. 愛せない人
8. 傷(アコースティック)
9. せんたくもの(アコースティック)
10. 月夜
11. オープンカー
12. コタエアワセ(新曲)
13. 愛のかたち(新曲)
14. 夢の中の夢
15. キミニハ薔薇ヲ
16. 確固たるもの
17. 確信犯(新曲)
鮮やかな旅路
- Encore -
18. そばに
19. この街のどこか(新曲)
20. 君の街まで
​21. 輝く日々

<MEMBER>
森恵 : Vocal, A.Guitar, E.Guiar
大坂孝之介 : Keyboards
伊藤ハルトシ : E.Guitar, .Guitar
後藤秀人 : E.Guitar, A.Guitar
浜崎賢太 : E.Bass
片山タカズミ : Drums
鹿討奏 : Tb
中野勇介 : Tp
庵原良司 : Sax



[PR]

# by apple_guitars | 2018-03-21 22:17 | ライブ | Comments(0)
2018年 03月 09日

(忘れてた)今年の2本目

そんなわけで、たいして場所を取らないだろうと思って。
ていうより、やるんならギターよりウクレレて人がいたんで、あげてもいいような
価格帯で、でも今まで買ってなかったマホガニー製。
まぁ、どうってことのないフツーのウクレレ(^^;)
「Hricane UK-23」
d0139913_22264688.jpg
d0139913_22265377.jpg



[PR]

# by apple_guitars | 2018-03-09 22:27 | ギター | Comments(0)
2018年 03月 09日

(忘れてた)今年の1本目

あれこれ落ち着きのない昨今ではありますが... そのうえ、結構な貧民なのに
買うものは買ってるという119.png
しかも、両方とも通販で弾いちゃいないっていう、最近のいけないパターン。

さて、1本目。
ぜ〜んぜんその気はなかったのに、楽器屋のHPを見てたら期間限定特価!...
負けて(一応迷いましたけど)ポチッ!

Epiphone(エピフォン)のセミアコで、Johnny AのSignatureモデル。
たしかファーストアルバムを持ってたんで、Gibson(ブランドはどうなるの
やら...)でSignatureモデルを2種類出してるのは知ってたけど、1本目の方
を元にしたモデル。

小ぶりなセミアコだけど、ビグスビーが付いてるから重さはどうなんだろ...
と思ってたけど、以外に軽量109.png

ピックアップも大好きな「57 classic」だし、結構クリアで良い感じの音。
でも、China madeの限界か、塗装のツメが甘いのと、フレット端の処理が
イマイチでグリスをすると痛いくらい122.png
なんで、早々に毎度の「ギター工房 タンジェリン@平井」に持って行って、
フレット端の丸め処理と指板端の丸み付け。ついでにナットの調整をしても
らって、また散財... 必要なんだからしょうがない。
d0139913_21472800.jpg
d0139913_21473521.jpg
d0139913_21473853.jpg
d0139913_21474233.jpg


[PR]

# by apple_guitars | 2018-03-09 22:01 | ギター | Comments(0)
2018年 03月 09日

朝っぱらから...(2018.3.9)

今日は変な天気で、夜中のうちに激しい風雨!
そのあと朝に最高気温、17℃。

それは良いんだけど、朝ご飯の後テレビを見てたらいきなり「信号が来てません」
ケーブルテレビ(J:COM)だし、インターネットもドコモ光なんで、どっかでケーブル
でも切れたのかと思ってスマホで調べようと思ったら、それも繋がらず???

テレビはまもなく付いたんだけど、他のはダメ...
よくよく考えてみて
・ドコモ光用のルーターをリセット(ていっても、電源コードを抜いて、しばらくしたら
 まだつなげるだけだけど)
... それだけ...
結局は、iPhoneもiPadもキャリアに直接繋いでも、Wi-Fiに繋がる状況が近くにあると
そっちを優先しちゃうようで、ネットが繋がるようになったら、スマホもタブレットも
OK!マッサージへ行くのに外出したら繋がったんで、DoCoMoの障害だと思ってたら
そういうことだったと。

覚えとこ。

[PR]

# by apple_guitars | 2018-03-09 16:44 | 備忘録 | Comments(0)
2018年 03月 09日

Larry Carlton 'The Greatest Hits"@Blue Note TOKYO 2018.2.3

すっかり掲載を忘れてました、ラリー・カールトン@ブルーノート東京。
毎度の元店主とご一緒。
d0139913_15592936.jpg

一応来るたびに見てるんで、新鮮さにはかけていた感じがするけど、そんなことを思って
たら、アタマの2曲からいきなりのソロ!151.png
後はスティーリー・ダンとかもやりつつ、期待には応えてくれますな164.png
本人の話じゃないけど、サイドでテレキャスを弾いてたお兄ちゃん(?)は、存在感が
うすかったな〜119.png
d0139913_16303086.jpg

<MEMBER>
Larry Carlton : E.Guitar
Travis Carlton : E.Bass
Mitch Forman : E.Guitar
Paulie Cerra : Sax
Gary Novak : Drums

<SET LIST>
1. The Lord's Prayer (Solo)
2. Song For Katie (Solo)
3. Deep Into It
4. Friday Night Shuffle
5. 10PM
6. Smiles And Smiles To Go
7. Minute By Minute
8. I’m Gonna Move To The Outskirts Of Town
9. She's Out Of My Life
10. Hill Street Blues
11. OUI OUI SI
- encore -
12. Room 335

<Artist Cocktail>
 CARLTON BURST ラリー愛飲のウォッカ、ルースキースタンダルトにアーモンドとオレンジを加えた爽やかで香り豊かな一杯。
           写真だとあんまりバーストな感じはしないけどね128.png

d0139913_15595032.jpg




[PR]

# by apple_guitars | 2018-03-09 16:31 | ライブ | Comments(0)
2018年 01月 07日

David T. Walker@Billboard Live TOKYO 2018.1.5

2018年、最初のライブはデヴィッド T. ウォーカー。
d0139913_21475794.jpg
よみうりランドでやった"Live Under The Sky"にクルセイダースを観に行ったとき
(実際にはラリー・グラハム、スタンリー・クラークを観に行ったようなもんですけど)
そこで出てたギタリストがデヴィッド T. ウォーカーとこの間ブレッカー・ブラザースで
出てたバリー・フィナティ。
それ以来だから...30年ぶりくらい?(^^;)

その頃のトレードマークだった"バードランド"は似合いだったと思うけど、今はカラザース
のマグネチックPU付きのエレアコみたいなのがお馴染みみたいで。
当時も変わったピッキングスタイルだと思ってたけど、たどたどしく見え(聞こえ)つつも
音色はカラザースの特徴をいかしてピエゾも混ぜて、軽くジョリって感じも足したりする、
特徴的な音色。

メンバーの事前チェックしてなかったけど、ドラマーは↑のクルセイダースでもやってた
レオン・チャンクラーだったのは意外。(実は長いお付き合いらしい)

たぶん80も半ばを超えたようなお年の人が、スーツで決めて楽しそうにやってるのはいいな〜
て思ってたら、師匠より3つ上なだけ!? ...並べたら差がありすぎだと思うけど...

<MEMBER>
David T. Walker : Guitar
Jeff Colella : A.Piano, Keyboard
Byron Miller : E.Bass
Leon "Ndugu" Chancler : Drums

<SET LIST>
1. Eleanor Rigby
2.
3. Love's Theme
4. Street Life
5. Superstition
6.
7. What's Doing On
8. Lovin' You
9. Soul Food Cafe
- encore -
10.


[PR]

# by apple_guitars | 2018-01-07 22:05 | ライブ | Comments(0)
2018年 01月 03日

2017年のふりかえり(その2)

ライブは年内に書ききったんで、楽器関連のを順番に整理を。
なにせ”腕より道具”派なもんで(^^;)

1)2/8 ZOOM マルチエフェクター G3Xn(新品)
 マルチ好きなんですよね、結局。
 もちろん単体を組み合わせた方が操作は楽なんだけど、重くて...
 てことで、出来るだけ軽いモノを選択。楽器屋で試奏したときの印象は
正直イマイチだったんだけど、どうにかなんだろ、と。
 ほぼOKなんだけど、ペダルがOFF状態の通常時はボリュームペダルに
なるのが多いんだけど、コレはそういうのはダメみたい。
 バージョンアップでどうにかしてくんないかな?

2)7/9 Paul Reed Smithギター S2 Starla(イシバシ)
 マルチエフェクターの話しと同じで、ギターも重くて...本体の、って
いうより、スタジオ入りするときのひととおりを持っていくと重いわけで
その中での軽量化ってことだと、本体も... さすがの2キロ台。軽い!
 見た目は地味だし(意外にも白は持ってない)、音も無難だし...
でも希望どおりではある。
d0139913_21121575.jpg

3)7/24 Lanai ウクレレ UK-PRO/Q(ヤフオク)
 直前に、職場でウクレレを弾きながら唄うokeiさんを観ながら、なんと
なく自分も新しいのが欲しいな〜、と思って物色。(大して弾けないけど)
 ボディが総キルテッドメイプルっていうレアものを発見!
 ちょっと高かったけど、話のネタにもなると思ってポチッと。
 あとから調べてみると、メーカーは日本のメーカーで出来は評価されてる
ようで、指板、ブリッジにはなんとハカランダを使用!
 そのうえのキルテッドメイプル(たぶん単板)だから、定価ベースだとそれ
なりの値段がすると思うんだけど、HPだと最高機種はUK-CSTっていうコア
を使ったモノのようで...
 今は工場が閉鎖されてて作ってないようなんで、詳細は不明。
 ただ、ペグをギヤ式のに代えるのに、サポートへ連絡したけど、機種名に
関しての突っ込みはなかったから、実際にあるモデルなんだろうと思ってま
すけど...そもそも国産のウクレレで贋作があるとも思えないし。
d0139913_21121429.jpg

4)8/13 iRig アコギ用PUシステム Acoustic Stage
 前から似たようなモノは出てたんだけど、今回のはプリアンプ相当のものも
付いてて、しかもStageなんてネーミングをするくらいだから、使い勝手も
良いんじゃないかと思って、お試し購入。
 たしかにピックアップユニットをサウンドホールの脇に挟むだけで、なんとも
それらしい音に!ケーブル回しを気をつけないとノイズが出ちゃうけど。
 ちょうどアンフィニに行く予定があったんで”試します?”て聞いたら”是非!”
ってことだったんで、持ってってそのまま。

5)8/22 Squire ギター Vintage Modified JAZZMASTER(ヤフオク)
 折あるごとにJAZZMASTERは探してたけど、一度楽器屋で試奏した1961年製
のが、余りにまともな音だったんで、逆に食指がのびなかったことが...
 で、どうせ先々手放すんだったら安いので良いか?ってことで、コレ。
 前の持ち主がPGは変えたらしいけど、それがボディカラーと相まって気に入った
と。ついでに前に買ってたテンションバーを付けて、より実用的に。
 が、なんか音が変だな...と思って、いつものタンジェリンに持ち込んだら,配線
がダメダメだったらしいんで、ジョイント角度の調整といっしょに、そっちも修理。
 まぁ、自分的には見た目8割のギターかな。意外と重いし...
d0139913_21121433.jpg

6)10/21 C.F.Martin D-45(1973)リペア
 数年前にもリペアしてずいぶんと弾きやすくなったんだけど、引っ越しをして
環境が変わったのもあってか、弦高が上がってきたな〜、と思ってリペアだし。
 予想どおりのネックリセットにブリッジプレートの交換に,後は細かいところを
いろいろやってもらって、また弾きやすくなって帰ってきました。
 これでしばらくは大丈夫でしょ。

7)11/11 Bacchus ベース IKEBE ORIGINAL HJB4-CLASSIC/FL(新品)
 なんか急にフレットレスベースが欲しくなり...(衝動的なのは毎度のこと)
 とはいえ、そんな高いモノは買いたくないし、と思って探してたら見つかったのが
コレ。でもジャコパス風なんだよね〜...前はそれが当然くらいに思ってたけど、ちょっ
と違うのが欲しかったわけで。
 お店の人に聞いたら、他の色も出したことがあるんだけど、売れるのはジャコパス
仕様なんだそうで。
 で、しょうがないんで、あんまり費用はかけないこととして、①PG取付、②PUフェンス
取付...でずいぶんと様変わりしたかな、と。
 選択肢としてEpiphoneのSGベースでフレットレスってのもあったんだけど、重量バラン
スはやっぱり良くないらしいんで却下。
d0139913_21121439.jpg

8)12/18 Elvis ウクレレ U300C(ヤフオク)
 手首は治らないんでギターは弾けないし...という強引な理由で、またウクレレが1本
増加。(合板だけど)ゼブラウッドってのがセールスポイントでしたね。
 これも飾りとかしてますね(^^;)
d0139913_21121462.jpg

そんなわけで、今年増えたのはギター1本、ベース1本、ウクレレ2本。
ギターとベースはちょっとだけ売りましたけどね。


[PR]

# by apple_guitars | 2018-01-03 00:57 | 備忘録 | Comments(0)
2018年 01月 02日

2017年のふりかえり(その1)

2018年になって早2日。
12月は27日から休んで8連休のはずだけど、近年にないくらい早っ!
なんにもしてないのはいつものことだけどね(^^;)

一言、で片付けちゃうと”いろいろありすぎ”な1年だったことで。

○ 健康面
1)2016年に職場でやったストレスチェックで、高ストレスなのを
 あらためて確認。
  産業医面談をして通院を始めたのが2月1日。
  一ヶ月弱行ったところで、先生から”1週間入院する?1ヶ月自宅
 療養する?”っていう選択肢。
  さすがに入院なんてのは敷居が高いんで自宅療養を選択。で、結局
 3ヶ月も休んじゃいました。
  2ヶ月休んだ後のGW明けには出ようかと思ってたけど、まだ早い
 んじゃね?てことで、残りの1ヶ月はわりとお気楽に、それまでも散歩
 とかはしてたけど(ブクブクになっちゃうからね)スタジオでの個人練習、
 ひとりカラオケetcして、5月下旬に復帰。

2)2016年の人間ドックで(前年からの引きずりばっかだな...)大腸検査
 が引っかかってたんだけど、お尻に問題があったんで,そっちの治療を
 しつつ、様子見にしてたんだけど、去年のドックも近づいてきたんで、
 行きつけの内科の先生と”検査、しときましょうか?”て話しになり、
 紹介された病院で大腸内視鏡検査を実施。
  普段眠剤を飲んでるってこともあるらしいけど、半ば意識がある中で
 慣行。途中ポリープがあるとか言ってるのが聞こえたりして...
  で、2.5センチほどのポリープがあったんで、検査の途中で除去。念の
 ため生研することに。
  結果を聞きに行ったら、なんと初期の直腸ガン!
 上手く取り切れてるし、CTや血液検査でも問題ないってことなんで、この
 後は定期的に検査することに。
  初めて保険のお世話になりましたわ。(あぶく銭(*^_^*))

3)10月、親知らずのあたりが痛いな〜、と思って歯医者に行ったら”親知ら
 ず、1本もありませんけど...” ...あり?
  ないんじゃしょうがないんで、色々診てもらったら、右下奥歯の根元が
 溶け始めてて、このままにしとくと抜けちゃうぞ、と。
  こまめに治療して先延ばしするか、カルシウム由来の材を使って、欠けてる
 ことを再生させるか... 8万くらいかかるって言われたけど、歯医者ってあん
 まり行きたくないんでその小手術。
  終わった後、39どの熱が出たりして焦ったけど、数日で沈静化。半年後に
 経過をチェックすることに。

4)11月には左脇腹の肋骨を、2週間後の12月には右手首にヒビを入れる始末...
 肋骨はイスに座りながら床に落ちたモノを拾おうとしたときに、キャスターが
 動いて、そのはずみで肘掛けに脇腹をゴリっと...
  右手首は、土曜日その肋骨のヒビについての診断書をもらいに病院へ行った日、
 (結局、治らないと出せないと)その帰り道で駅入り口の階段でつまづいて、
 両膝をついただけじゃ勢いが止まらず、右手を突いて... そのあと親とお気楽に
 フカヒレそばなんて食べて、フラフラもしてたのに、徐々に痛くなり...
  念のためと思って病院に行ったらヒビ。

こんなに次々と不調になることなんて...
手首はまだお墨付きはもらえず、結局年越し。
早いとこ終わらせたいもんである。
メンタル系も、まだまだ薬の種類や量が変わったりして落ち着いてないけどね。
 

[PR]

# by apple_guitars | 2018-01-02 23:43 | 備忘録 | Comments(0)
2017年 12月 30日

上原ひろみ × EDMAR CASTANEDA LIVE IN JAPAN TOUR@Blue Note TOKYO 2017.12.1

望むは例のトリオだけど、サイモンはソロ(バンド)で動いてるし、アンソニーの状況は
聞こえてこないし...
そんな中でハープの人とやるって言うけど、なんか乗り気でもなかったし、また抽選
だって言うし。
それでも行きたいって人がいたんで会員の日程で応募...ハズレ!(>_<)
次に一般の日程で応募...またハズレ(T_T)
こんなもんかと思いつつ、絶対キャンセル分が出るはずと読んで、チェックしてたら
案の定出ましたよ!
d0139913_20204531.jpg

d0139913_20205874.jpg


で、行ってみれば結構面白い!ハープの概念が変わりましたね。
ピックアップを付けてたみたいで、途中ワウを踏んだりしてたし。
とはいえ、押尾さんみたいにギターでメロディ、コード、リズムを出すっていうのと
同じようなもので、ベースとパーカッションを入れればすむんだけど...とは言っちゃ
いけないんでしょうね(^^;)

さて、おなじみのスペシャルメニュ〜
(カクテル:NO PASSION NO MUSIC)(デザート:エンパナーダとコーヒー ~きな粉のため息~)
d0139913_20191986.jpg

(フード:帆立、鱈、野菜、2種のナッツ ~冬の旬たっぷりの“タマル”~)
d0139913_20195771.jpg


これで、今年のライブは終了〜

<MEMBER>
上原ひろみ : A.Piano
Edmar Castaneda : Harp

<SET LIST>
1. A Harp in New York (Aoyama)
2. For Jaco
3. Moonlight Sunshine
4. Cantina Band
5. Jesus De Nazareth - Edmar Solo -
6. HIROMI - Solo -
7. Spain
- encore -
8. Libertngo
[PR]

# by apple_guitars | 2017-12-30 20:21 | ライブ | Comments(0)
2017年 12月 30日

Robben Ford@Cotton Club 20171118

品川での森恵から連チャンでのロベン・フォード。
今回はブルーノートじゃなくて、ブレッカーでも行ったコットンクラブ。
ご一緒もおんなじ、元店主(^^;)
d0139913_19553067.jpg

d0139913_1956293.jpg


始まる前から"ステージに置いてあるLPのテールピースは某店の弦を上から通すやつ
じゃないか?"とかマニア丸出しな感じで。
YouTubeにあったビデオでのコメントを聞くと"カスタムメイドの上から通すもの"とは
言ってるけど、向こうでも作ってるところがあるんでしょうかね。
で、ライブ本番は、なんか青っぽく見えたけど、結局は1957〜8あたりのハムバッカー
の付いたゴールドトップかと。
バックを含めたオールゴールドかと思ったけど、コレもYouTubeで見ると、普通にトップ
側だけがゴールドでした。

ロベンは何回か見てるけど、単独は初めてか... 見た目はカールトンと同世代とは思え
ない若さだし、歌えるってのが強いですねー。

そーそー、今回は日本人の管が入ってたけど、なかなか良かったと。
それに比べて、その場でも言ってたけど、サイドギターの人はソロをとるでもなく、別に
いなくても...


<MEMBER>
Robben Ford : E.Guitar, Vocal
Casey Wasner : E.Guitar, Chorus
Ryan Madora : E.Bass
Derrek Phillips : Drums
小池 修 : T.Sax
かわ島崇文 : T.Sax

<SET LIST>
1. Good Tomes
2. Midnight Comes Too Soon
3. Indianola
4. Crazy For My Baby
5. At The Apollo
6. Tangle With Ya
7. Automobile Blues
8. Fair Child
9. Please Set A Date
- encore -
10. Better Get It In Soul
[PR]

# by apple_guitars | 2017-12-30 19:56 | ライブ | Comments(0)